リアップの人気はどのくらい?

リアップはミノキシジル配合の育毛剤です。日本ではなかなか製造・販売が認められませんでしたが、1990年に大正製薬から販売され品薄状態になるなど、今も大変人気の高い商品となりました。

薬のリアップを使用の場合は定期的な血液検査を

育毛剤として人気の高いリアップ。
主成分はミノキシジルといって、血管拡張剤として開発され、高血圧の経口薬として利用されていました。
過去形なのは、海外で発売後副作用が発見されて、日本では経口薬が未認可であるためです。
ですから、もし経口薬として入手したい場合は個人輸入しなくてはなりません。
一方、血管の拡張作用を利用して、頭皮の血行を促し毛根に刺激を与えて発毛させるというのが育毛剤としてのリアップです。
経口ではなく塗布して使用するということで副作用がないように思われがちですが、皮膚から吸収されて様々な副作用があることが知られており、長期に使用する場合は体に異変を感じなくても血液検査を定期的に受けて調べてみたほうがいいでしょう。
塗布薬ですから頭皮のほてりや痒みや発疹などがあらわれた場合は副作用を疑いやすいのですが、頭痛やカスミ目、低血圧や不整脈、むくみ、性欲減退などがあらわれた場合は他の病気を疑ってしまいがちです。
また、高血圧の薬を服用している方、心臓や腎臓に疾患があり治療中の方などはリアップを使用する前に必ず主治医に相談してください。
使用中に倦怠感を感じた場合なども肝臓の機能が落ちてることがあるので病院で血液検査を受けましょう。
血液検査を受ける場合は、医師にリアップを使用中であると伝えてください。
ミノキシジルは塗布で使用しても皮膚から吸収される薬です。
妊娠を希望する方あるいは妊娠している方は胎児への影響があるかもしれませんので使用しないほうがいいでしょう。
また、母乳に移行することも知られていますので授乳中も使用できません。
お子さんが乳児のうちは育児のストレスとホルモンバランスの変化で頭髪の脱毛がみられる時期でしょうが、離乳と共にお母さんの体も変化に慣れてきて脱毛も落ち着いてきます。一時的なものですので我慢しましょう。